TOP > 製品情報 > 製品一覧 > アルファテック448(AT448)

アルファテック448(AT448)

アルファテック448は、水中接着性能の高いエポキシ樹脂をベースに特別に配合した高強度で高耐久な新旧コンクリート打継用のエポキシ接着剤です。
フレッシュコンクリートの接着性能と吹き付けやローラーハケによる施工性能に優れることから、道路橋のコンクリート床版補修や増厚補強、コンクリート構造物の嵩上げなどフレッシュコンクリートの接着に優れた機能を発揮します。
製品名 アルファテック448(AT448)
タイプ 新・旧コンクリート打継ぎエポキシ接着剤
重量/容量 重量10kg / 容量8L 、 重量3kg / 容量2.4L  ※1セット当り
関連工法

特徴

●打継ぎ強度がコンクリートの破壊強度を超える接着性能を有します。
●超速硬コンクリートの強度発現に合わせた接着性能を有します。
●繰り返し荷重や熱ショックなどに優れた耐久性能を示します。
●吹き付けやローラー刷毛による塗布作業の施工性能に優れます。
●ハツリによる凹凸面やカット後の鉛直面にダレなく塗膜厚が得られます。

用途

●道路橋コンクリート床版の補修と増厚補強の打継ぎ接着。
●コンクリート構造物の嵩上げコンクリートの打継ぎ接着。
●フレッシュコンクリート・セメントモルタル・無収縮セメントなどの打継ぎ接着。

梱包形態

【10kg / 8L セット】               
主 剤 : 6.7kg(角缶)
硬化剤 : 3.3kg(角缶)

【3kg / 2.4L セット】
主 剤 : 2.0kg(アルミパック:1kg x 2パック)
硬化剤 : 1.0kg(アルミパック)

使用方法

①下地処理:コンクリートの脆弱部をハツリやウォータージェットで除去し清掃して下さい。
 ◇コンクリートにひび割れや浮き骨材がある場合はアルファテック448LV浸透性エポキシプライマーを塗布して下さい。
   使用方法は、アルファテック448LVのカタログを参照して下さい。

②樹脂の混合:主剤(灰色)2kgと硬化剤(黒色)1kgを容器に入れ、ペイントミキサーで1分程度混合して下さい。
  ・推奨ミキサー:ペイントミキサー(回転数500~800rpm)、ミキサーブレード(Φ80mm)
 ◇樹脂の混合は温度が高いと短く、温度が低いと長くなります。

③接着剤の塗布:スクイズポンプによる吹き付け または 刷毛塗りで0.7kg/㎡(平坦面)~1kg/㎡(ハツリ面)を目安に塗布して下さい。
 ◇吹き付け方法は、アルファテック448吹き付け要領書を参照して下さい。
 ◇小面積の施工にはアルファテック448カートリッジによる吹き付けを推奨します。
 ◇アルファテック448は温度が低いと粘性が上がり、高いと硬化が早くなります。

④コンクリートの打設:アルファテック448塗布後、30分〜3時間程度のタック(ベタ付き)のある間にコンクリートを打設して下さい。
 ◇コンクリートの打継可能時間は、温度が高いと短く、低いと長くなります。
 ◇可使時間を経過しタックが無い場合は、再度アルファテック448を初回の50%程度塗布して下さい。

取扱上の注意

・直接皮膚に接触するとかぶれを生じることがありますので、取り扱いに注意して下さい。
・取り扱いには保護具(保護メガネ、ゴム手袋、マスク等)を着用し、換気を充分に行って下さい。
・樹脂が皮膚に付着した場合は速やかに拭き取り、石鹸水等でよく洗い流して下さい。
・目に入った場合は多量の水で洗浄し、医師の診察を受けて下さい。
・使用にあたってはSDSをお読み下さい。

※製品改良のため、予告なく記載事項を変更することがあります。