工法から探す
TOP > 製品情報 > 工法一覧

エポキシで支える。荷重、振動、熱、薬品に耐える。 エポキシグラウト工法

機械基礎+土木建設
高い強度と耐久性能に優れるアルファテックのエポキシ樹脂モルタルを用いて、重機械設備や鋼構造物を新設・補修・補強するグラウト工法です。
1984 年に重機械装置のグラウトとしては国産初となるエポキシ樹脂モルタルの製造と販売を開始しました。…
詳細を見る

エポキシを注入して接着。状況に最も適した素材をご提案。 エポキシ注入工法

機械基礎
バリエーション豊富なアルファ工業のエポキシ樹脂での注入工法は、電力・鉄鋼・化学・石油・自動車などの商業分野において、ディーゼルエンジン・コンプレッサ・タービン・ポンプなどの大型回転機械装置の振動対策など、基礎コンクリートの亀裂や打継ぎの補修・補強などで国内外において2000件以上の工事実績を有します。
詳細を見る

鏡のような水平面を作り出す。精密機械の据付工法。 セルフレベリング工法

機械基礎+土木建設
高強度なエポキシセルフレベリング材アルファテック150を据付面に流し込み、硬化後に機械設備などを設置するだけで、極めて精度の高い据付工事を短時間で完了させることができます。
詳細を見る

水中で硬化する。環境にも優しい補修・補強工法。 水中グラウト工法

機械基礎+土木建設
アルファテックの水中硬化タイプのエポキシ樹脂やエポキシ樹脂モルタルは、水中施工でコンクリートと鋼材の双方に優れた接着性能と高い圧縮・曲げ・引張強度を示すため、従来、施工が困難とされていた水中におけるコンクリート構造物のひびわれや欠損部の補修、鋼材による補強などに優れた効果を発揮する…
詳細を見る

エポキシで支える。荷重、振動、熱、薬品に耐える・ ひび割れ補修浸透性 エポキシ樹脂塗布工法

機械基礎+土木建設
アルファテック380はコンクリート構造物のひび割れに塗布するだけで充填する無溶剤型のエポキシ樹脂接着剤です。ひび割れ表面からの刷毛やローラー等での塗布により、マイクロクラックを含む微細なひび割れによく浸透し接着する工法
詳細を見る

道路床版のひび割れや浮きをエポキシ樹脂で一体化する 増厚床版の剥離部補修並びに床版コンクリートのひび割れ補修工法

土木建設
この工法はアルファテック342を道路床版におけるコンクリート床版のクラックや増厚されたコンクリート床版の浮きや水平クラックへの注入、また舗装と防水工の浮き部に注入する工法です。
詳細を見る

吹付け可能なエポキシ樹脂で新旧コンクリートを一体化する 新旧コンクリート打ち継ぎ接着工法

土木建設
新旧コンクリート打ち継ぎ工法は、アルファテック448を新旧コンクリートの打ち継ぎ面に塗布し接着させ一体化を図る工法です。エアスプレーによる吹付施工が可能なため塗布作業に比べて大幅な工期短縮が可能です
詳細を見る

エポキシで護る。磨耗、衝撃への耐性強化。 コンクリート耐磨耗工法

機械基礎+土木建設
コンクリート耐摩耗工法は、耐摩耗性能に優れるアルファテック645(エポキシモルタル)を用いて、流水や土砂による摩耗からコンクリート構造物を保護する工法です。
詳細を見る

高強度繊維シートで構造物を補強。 連続繊維シート補強工法

機械基礎+土木建設
アルファ工業の繊維含浸型エポキシ樹脂を用いた連続繊維シート補強工法は、コンクリート構造物の補強に最適なシート工法です。連続繊維シートには、炭素繊維シート又はアラミド繊維シートを使用します。
詳細を見る

ビニロン繊維シートでコンクリートの剥離を防ぐ。 アルファV工法

機械基礎+土木建設
アルファV工法は、コンクリート構造物からのコンクリート片の剥落を防止する工法です。
変位追従性が高く、耐アルカリ性のビニロン化学繊維をエポキシ樹脂と組み合わせることによって、FRPの耐久性を大幅に向上させました。
詳細を見る

エポキシで木造の柱と梁を接合する 木造ラーメン接着工法

土木建設
木造ラーメン接着工法は、木造の柱と梁の接合部に鉄筋を挿入し、AKレジン500を挿入孔の隙間に充填して硬化させることで、ラーメン架構を構成出来る工法です。鉄筋拘束接合工法(TKS構法)として、多くの実績を積んでいます
詳細を見る

エポキシで間伐材でも大断面の木材部を作り出す 製材接着・積層工法

土木建設
製材接着・積層工法は、AKレジン550を製材に塗布し接着・積層することで大断面の木材を作ることが出来る工法です。杉を用いて重ねた「木質複合軸材料 スギBP材(重ね)」は、指定建築材料として日本で初めて国土交通省大臣認定を取得
詳細を見る