TOP > 製品情報 > 製品一覧 > アルファテック150(AT150)

アルファテック150(AT150)

アルファテック150はセルフレベリング性能に優れる低粘度なエポキシレジンで高い強度と耐久性能を示します。機械装置や機器等を硬化したアルファテック150に設置するだけで極めて高い据付精度が得られます。
製品名 アルファテック150(AT150)
タイプ エポキシセルフレベリング材
重量/容量 重量11.2kg / 容量:10L ※1セット当り
関連工法

特徴

1.セルフレベル性能:1m当たり5/100mm以下の高いセルフレベル性能が得られます。
2.コンクリート、鋼材、硬化樹脂等に優れた接着性能を示します。
3.耐久性能:高い圧縮、曲げ、引張強度を有し繰り返しの荷重に優れた耐久性能を示します。
4.耐薬品性能:水・油・薬品等に優れた耐久性能を示します。

特許

特許第5544188号(発明の名称:設置対象物の据付方法)

用途

1.ディーゼルエンジン、ガス・スチームタービン、コンプレッサ、ポンプ等の大型回転機装置の据付。
2.圧延機・プレス機等の繰り返しの荷重、作機械、試験機等精密機械や鋼構造物の据付。
3.機械装置の傾斜した台座やフランジ面の修正。
4.エアーリフト式搬送機や精密搬送機等の走行面仕上げ。

梱包形態

(11.2kg/10Lセット)
主 剤 :7.7 kg(角缶)
硬化剤 :3.5 kg(角缶)

使用方法

①コンクリート処理 : コンクリート表層のレイタンス(脆弱層)をサンダー、ブラスト、チッピング等で処理しコンクリート粉・油・水分等を除去してください。
②型枠固定 : 粘着剤付きのスポンジ等をコンクリートに貼り付け、シリコンやパテでモレ止めシールしてください。
③レベル位置決め : セルフレベル材の上面位置決めにアンカーボルト(φ5mm)をコンクリートへ固着して高さ調整をしてください。
④下地処理 : エポキシグラウト「アルファテック830」を混合(主剤・硬化剤・フィラー)し、コンクリート上に流し込み高低差2mm程度になるようコテ仕上げしてください。コンクリート面の高低差が2mm以内の場合はエポキシプライマー「アルファテック340」を混合(主剤・硬化剤)し、刷毛塗りしてください。
⑤セルフレベル材打設 : 下地処理材の硬化養生後、セルフレベル材「アルファテック150」を混合(主剤・硬化剤)し、均一になるよう流し込んでください。
⑥防塵養生 : 施工直後に囲いをかけほこり・風・雨等の影響を防いでください。
⑦硬化養生 : 20℃で4日~5日間硬化養生してください。

取扱上の注意

・直接皮膚に接触すると、カブレを生じることがありますので、取り扱いに注意してください。
・取り扱いには保護具(保護メガネ、ゴム手袋、マスク等)を着用し、換気を充分に行ってください。
・樹脂が皮膚に付着した場合は、速やかに拭き取り石鹸と水で洗い流してください。
・目に入った場合は多量の水で洗浄し、速やかに医師の診察を受けてください。
・使用にあたっては、MSDSをお読みください。
※製品改良のため、予告なく記載事項を変更することがあります。