TOP > 製品情報 > 工法一覧 > セルフレベリング工法

鏡のような水面を作り出す。精密機械の付工法。

セルフレベリング工法
高強度なエポキシセルフレベリング材アルファテック150を据付面に流し込み、硬化後に機械設備などを設置するだけで、極めて精度の高い据付工事を短時間で完了させることができます。
特許

特許第5544188号(発明の名称:設置対象物の据付方法)

用途

  • ディーゼルエンジン、ガス・スチームタービン、コンプレッサ、
    ポンプ等の回転機械の据付に適します。
  • 圧延機・鋳造機・製缶機など繰返し荷重の大きな機械や工作機械・
    試験機などの精密機械の据付に適します。
  • 熱交換器・圧力容や鉄骨ベースなどの鋼構造物据付に適します。
  • エアリフト式搬送機や精密などの走行面床仕上げに適します。

特徴

高いレベル精度

据付レベルを50μm/m以内の高性能なレベル精度を実現します。

高い経済性

従来工法での仮置パッド・レベル調整・グラウトが不要なため、工程の簡素化・工期の短縮・コストの低減が可能になり、高い経済性を実現します。

優れた耐久性

高い圧縮・曲げ・引張・接着強度と水・油・薬品や繰り返しの荷重にも優れた耐久性を示します。

提供:高エネルギー加速器研究機構(KEK)
ページトップへ

施工方法(従来工法との比較)

施工例

INDEX

1.X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLA内の 実験ハッチ及びXFEL-SPring-8相互利用実験施設内

  • (1)下地処理の上AT340 塗布後AT830打設

    (1)下地処理の上AT340 塗布後AT830打設

  • (2)アルファテック150打設

    (2)アルファテック150打設

  • (3)アルファテック150硬化後

    (3)アルファテック150硬化後

  • (4)機械設置

    (4)機械設置

2.高エネルギー加速器研究機構(KEK)内の 「SuperKEKB」の一部の装置を設置するレールの固定

  • (1)アルファテック150打設後

    (1)アルファテック150打設後

  • (2)レール設置

    (2)レール設置

  • (3)移動架台の設置

    (3)移動架台の設置

  • (4)電子ビーム衝突点「BELLⅡ測定器」

    (4)電子ビーム衝突点「BELLⅡ測定器」

ページトップへ

セルフレベリング工法における材料の特徴と用途

製品名 特徴 用途
アルファテック150 セルフレベリング型エポキシレンジ 工作機械・精密機械の据付面形成
搬送機の走行仕上げ面形成
アルファテック340 水中接着型エポキシ接着剤 プライマー
アルファテック110 高強度・超速硬化型エポキシグラウト 下地面形成(短時間施工)
アルファテック800 汎用型エポキシグラウト 下地面形成(打設高)
アルファテック830H 高流動・高強度型エポキシグラウト 下地面形成(標準)
ページトップへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。