TOP > 製品情報 > 製品一覧 > アルファテック841(AT841)

アルファテック841(AT841)

アルファテック841は、水中接着タイプのエポキシ樹脂をベースに微細な骨材を配合した高流動なエポキシグラウトです。水中充填でコンクリートと金属の双方に優れた接着性能を示すため水中におけるコンクリート構造物の鋼板接着やアンカーボルトの定着等に優れた効果を発揮します。

●福島第一原子力発電所 海水配管トレンチ内部閉塞工事に充填材として使用されました。
※東京電力ホールディングス(株)と鹿島建設㈱により(社)日本コンクリート工学会 2016.4 テクニカルレポートにて充填材に関する検討内容が掲載されています。
※東京電力ホールディングス(株)と鹿島建設㈱により(社)日本コンクリート工学会 2016.6 テクニカルレポートにて工事記録が掲載されています。
製品名 アルファテック841(AT841)
タイプ 水中接着型・高流動エポキシグラウト
重量/容量 重量25.5kg / 容量:14L ※1セット当り
関連工法

特徴

1.高強度: 水中でコンクリート破壊に達する接着強度を示します。
2.耐久性: 水中充填で高い圧縮・曲げ・引張強度を示し、耐久性に優れます。
3.低収縮: 硬化時の反応熱が低く、硬化収縮もほとんどありません。
4.作業性: 1㎜~100㎜程度までの幅広い間隙充填に適応し、流し込みやポンプ圧送による充填性に優れます。
5.安全性: JWWA K 143規格相当製品です。
※日本水道協会規格 JWWA K 143(水道用コンクリート水槽内面エポキシ樹脂塗料塗装に関する規定)

用途

1.水中コンクリート構造物の鋼板補強やアンカーボルトの定着。
2.水中コンクリート構造物の大きなひび割れや欠損部の充填接着。
3.水中でのコンクリート・金属・石材・硬化樹脂・ガラス・ゴム等の接着。

梱包形態

(25.5kg/14Lセット)
主 剤 : 4.1kg (角缶)
硬化剤 : 2.4kg (角缶)
骨材011 : 19.0kg×1袋 (防湿紙袋)

使用方法

●施工面の汚れ(ホコリ、油分等)を除去してください。
●主剤と硬化剤を100:65(容量比)で計量、混合し空気の巻込みに注意し充分に撹拌してください。
●撹拌した樹脂液に骨材を混合し、骨材が樹脂で全て覆われるまで充分に撹拌してください。
●一度に混合する量は可使時間内に使い切れる量とします。
●施工は5℃以上の環境で行ってください。

取扱上の注意

・直接皮膚に接触すると、カブレを生じることがありますので、取り扱いに注意してください。
・取り扱いには保護具(保護メガネ、ゴム手袋、マスク等)を着用し、換気を充分に行ってください。
・樹脂が皮膚に付着した場合は、速やかに拭き取り、石鹸水で洗い流してください。
・目に入った場合は多量の水で洗浄し、医師の診察を受けてください。
・使用にあたっては、MSDSをお読みください。
※製品改良のため、予告なく記載事項を変更することがあります。