TOP > 製品情報 > 工法一覧 > エポキシグラウト工法

エポキシでえる。荷重、振動、熱、薬品にえる。

エポキシグラウト工法
高い強度と耐久性能に優れるアルファテックのエポキシ樹脂モルタルを用いて、重機械設備や鋼構造物を新設・補修・補強するグラウト工法です。
1984 年に重機械装置のグラウトとしては国産初となるエポキシ樹脂モルタルの製造と販売を開始しました。
アルファテックのエポキシ樹脂モルタルは、大型のディーゼルエンジン・コンプレッサ・ポンプ・鍛造プレスなどの据付や基礎改修において国内外で採用され、すでに10000 台以上の納入実績があります。
また、土木分野においては、鉄道橋の沓座グラウトの改修や道路橋の鋼板接着補強で多数の実績を誇ります。

用途

  • ディーゼルエンジン・コンプレッサ・タービン・ポンプ・圧延機・鍛造プレスなど
    重機械設備のグラウトやセメントグラウトの改修に適します。
  • 橋梁沓座・鉄骨ベース・熱交換器・圧力容器など鋼構造物の
    グラウトやセメントグラウトの改修に適します。
  • コンクリート橋脚・床版などの鋼板接着補強やアンカーグラウトに適します。
  • コンクリート・石材・鋼材・硬化樹脂・ゴム・ガラス・木材などの接着に適します。

特徴

アルファテックのエポキシグラウト工法は、機械設備や鋼構造物のセメントグラウトに発生する繰返し荷重による疲労破壊、潤滑油による油濁劣化、中性化による鋼材の腐食などを長期に防ぐため、新設時のグラウトや劣化したセメントグラウトの改修に優れた効果を長期間維持することができます。

(1)アルファテックエポキシグラウト(疲労試験後)
疲労試験2000 万回(32N/mm2~40N/mm2)
(2)アルファテックエポキシグラウト(疲労試験前)
(3)セメントグラウト
各エポキシ樹脂モルタルのフロー試験
高い圧縮・曲げ・引張り・接着強度と水・油・薬品や繰返し荷重にも優れた耐久性を示します。
主剤・硬化剤・骨材を定量混合するため、均一な品質と高性能なグラウトが確保できます。
流動性に優れるため、間隙への充填がスムーズにでき作業性・成形性に優れています。
硬化時の発熱が低く硬化収縮も極めて小さいため、寸法安定性に優れています。
強度の発現が速いため、硬化養生時間を短縮できます。

施工例

INDEX

1.油濁劣化したセメントグラウトの改修工法

セメントグラウトと基礎コンクリートの油濁劣化による強度の低下によって、運転不能となったディーゼルエンジン発電装置の改修工事です。

  • 油濁劣化したセメントグラウト<br />
基礎コンクリート斫り

    油濁劣化したセメントグラウト
    基礎コンクリート斫り

  • エポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)硬化後、油圧台板設置

    エポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)硬化後、油圧台板設置

  • レベル調整後のエポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)充填

    レベル調整後のエポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)充填

【施工の流れ】

エンジンフランジとエポキシ樹脂モルタル及び基礎コンクリートが接着一体化するため、
潤滑油の漏水によるモルタルとコンクリートの劣化を防ぎます。

2.中性劣化したセメントグラウトの改修工法

セメントグラウトの中性化による軸受台板の錆上りによって、運転不能となった電動機の改修工事です。

  • 発錆状況

    発錆状況

  • レベル調整後のエポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)充填

    レベル調整後のエポキシ樹脂モルタル(アルファテック800)充填

  • 脱型後状況

    脱型後状況

【施工の流れ】

  • 1

    セメントグラウト斫り撤去

  • 2

    台板裏面除錆

  • 3

    レベル調整

  • 4

    型枠固定

  • 5

    【アルファテック800】エポキシ樹脂モルタル打設

  • 6

    同硬化養生

  • 7

    型枠撤去・アンカーボルト締付

軸受台板とエポキシグラウトが接着一体化するため、接触部への雰囲気ガスや水分が遮断され、台板の発錆を防ぎます。

3.超速硬化樹脂モルタルを用いた短時間養生工法

鉄道橋梁の架け替えに伴うグラウト工事です。
沓座とアンカーボルトのグラウト充填後、2時間で車輌を通過させるため、超速硬化のエポキシ樹脂モルタル「アルファテック110」を用いて施工しました。

  • 新橋設置

    新橋設置

  • 沓座・アンカーボルト

    沓座・アンカーボルト

  • アルファテック110充填

    アルファテック110充填

【施工の流れ】

  • 1

    既設橋梁撤去

  • 2

    架け替え橋梁設置

  • 3

    同位置決め

  • 4

    【アルファテック110】エポキシ樹脂モルタル打設

  • 5

    圧縮強度確認

  • 6

    ジャッキ撤去

  • 7

    打設より2時間後車両通行

4.高流動グラウトを用いた鋼板接着工法

高架橋張出床版の鋼板接着補強のグラウト工事です。
躯体コンクリートと補強鋼板の隙間が4mmから30mmと巾広いため、硬化収縮の極めて小さな高流動エポキシ樹脂モルタル「アルファテック840」を用いて施工しました。

  • 鋼板取付

    鋼板取付

  • アルファテック200パテシール

    アルファテック200パテシール

  • アルファテック840ポンプ充填

    アルファテック840ポンプ充填

【施工の流れ】

ページトップへ

材料の特徴と使用例

製品名 特徴
アルファテック110 高強度・超速硬化型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック110E(コンクリート色) 高強度・超速硬化型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック110E(アスファルト色) 高強度・超速硬化型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック110W-HF 高流動・速硬化エポキシグラウト
アルファテック130 高強度・耐熱型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック141 水中接着・速硬化型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック800 汎用型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック645F 水中接着・耐磨耗型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック830 高流動・高強度型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック830HF 高流動・速硬型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック840 湿潤面接着・高流動型エポキシ樹脂モルタル
アルファテック841 水中接着・高流動型エポキシ樹脂モルタル
ページトップへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。