TOP > 製品情報 > 製品一覧 > アルファテック380(AT380)

アルファテック380(AT380)

アルファテック380は、塗布して浸透する高性能なエポキシ接着剤です。コンクリートのひび割れに表面から塗布することで、毛細血管現象により浸透接着してコンクリートを強化することから、土木 建築コンクリート構造物のひび割れ補修に優れた機能を発揮します。
製品名 アルファテック380(AT380)
タイプ 土木 建築ひび割れ補修用 浸透性エポキシ接着剤
重量/容量 重量10kg / 容量9L  、  重量1kg / 容量0.9L   ※1セット当り
関連工法

動画と写真で使用方法をご覧いただけます アルファテック380(AT380)とは>>

特徴

●ひび割れ表面からハケやローラーで塗布して毛細血管現象で浸透します。
●下向きはもとより上向きや横向きのひび割れに浸透接着します。
●高い接着・圧縮・曲げ・引張強度と耐久性能に優れます。
●乾燥面と湿潤したコンクリートの接着性能に優れます。
●低粘度で可使時間が長く施工性に優れます。
●無溶剤で揮発物成分がなく接着性能に優れます。

用途

●上向きや横向面のマイクロクラックから0.5㎜程度のひび割れ浸透接着補修。
●下向き面のマイクロクラックから1㎜程度のひび割れ浸透接着補修。
●セメント系断面修復材のタックコート。

梱包形態

【 10kg / 9L セット】
主 剤  :  7kg (角缶)
硬化剤  :  3kg (角缶)

【 1kg / 0.9L セット】
主 剤  :  0.7kg (アルミパック)
硬化剤  :  0.3kg (アルミパック)

使用方法

①マーキング : ひび割れの幅と長さを確認しマーキングして下さい。
②下地処理 : ダスターハケやエアーブローなどでひび割れを清掃しで下さい。
③汚れ防止 : マスキングテープテープやシートなどでコンクリートの汚れ防止をして下さい。
④樹脂混合 : 主剤(淡黄色)と硬化剤(淡青色)を容量比2:1で必要量取り分け、均一になるなで十分では混合して下さい。
 ◇過度撹拌による気泡混入に注意して下さい。
 ◇一度に混合する量は可使時間内に使い切れる量として下さい。
⑤塗布浸透 : ひび割れ表面からハケやローラーで樹脂を塗布して、ひび割れへの吸い込みを待って、樹脂寄せと再塗布繰り返して行い、吸い込みのなくなるまで繰り返して下さい。
 ◇使用量はmあたり20~50gが目安となります。面で塗布する場合は㎡あたり200~250gが目安となります。
⑥仕上処理 : 樹脂にベタつきが生じたら、ひび割れの凹みを埋めながら樹脂を削ぎ取り、硬化後サンディング除去またはコンクリート保護塗装材・アルファコートU上塗などで塗装して下さい。

【施工時の温度目安:S(夏用)15℃以上、W(冬用)5℃~20℃】

取扱上の注意

・直接皮膚に接触するとかぶれを生じることがありますので、取り扱いに注意して下さい。
・取り扱いには保護具(保護メガネ、ゴム手袋、マスク等)を着用し、換気を充分に行ってください。
・樹脂が皮膚に付着した場合は速やかに拭き取り、石鹸水等でよく洗い流して下さい。
・目に入った場合は多量の水で洗浄し、医師の診察を受けて下さい。
・使用にあたっては、SDSをお読みください。