TOP > 製品情報 > 工法一覧 > 木造ラーメン接着工法

エポキシで木造の柱と梁を接合する

木造ラーメン接着工法

木造ラーメン接着工法は、木造の柱と梁の接合部に鉄筋を挿入し、AKレジン500を挿入孔の隙間に
充填して硬化させることで、ラーメン架構を構成出来る工法です。
鉄筋拘束接合工法(TKS構法)として、多くの実績を積んでいます
特許

特許第5438307号・特許第5641710号

用途

  • 金物が露出しないため、意匠性に優れています。
  • 万一の火災時にも接合部の耐力低下ありません。
  • 金物に生じる結露によって、木材や金物が腐食する恐れがありません。
  • ジョイント部に施工後のゆるみやズレが生じません。

AKレジン500(製品構成と使用方法)

施工例

INDEX

1.建築工事事例その1

  • 樹脂硬化養生中

    樹脂硬化養生中

  • AKレジン500注入中

    AKレジン500注入中

2.建築工事事例その2

  • 継ぎ手結合部の鉄筋挿入

    継ぎ手結合部の鉄筋挿入

  • 継ぎ手鉄筋挿入部にAK500挿入

    継ぎ手鉄筋挿入部にAK500挿入

  • AK500注入後木栓打ち

    AK500注入後木栓打ち

  • 木栓接合部下部の鉄筋挿入部にAK500注入

    木栓接合部下部の鉄筋挿入部にAK500注入

ページトップへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。