TOP > 製品情報 > 工法一覧 > 製材接着・積層工法

エポキシで間伐材でも大断面の木材部を作り出す

製材接着・積層工法

製材接着・積層工法は、AKレジン550を製材に塗布し接着・積層することで大断面の木材を作ることが出来る工法です。杉を用いて重ねた「木質複合軸材料 スギBP材(重ね)」は、指定建築材料として日本で初めて国土交通省大臣認定を取得しました
特許

国土交通省大臣認定番号 MWCM-0019

特徴

  • 製材では調達しにくい大断面も、間伐材の利用により、大断面木部材を作ることができます。
  • 集成材よりコストを抑えることができます。
  • 製材と同等の意匠性を確保することでが出来ます。
  • 厳しい品質管理の下製造されているため、製材より品質のバラツキが抑えられます。
  • 建設コストや維持費が高いJAS認定集成材工場ではなく、一般加工工場での製造が可能です
    (*指定建築材料として製造する場合には、国土交通省大臣による工場認定が必要です)。
  • 圧着風景

  • 完成品

施工例

INDEX

1.製材接着の事例その1

  • AK550を使って柱材を大断面木材に

    AK550を使って柱材を大断面木材に

  •                        

                           

  • 高い意匠性を確保しております

    高い意匠性を確保しております

  • 一般製材よりもバラツキが抑えられます

    一般製材よりもバラツキが抑えられます

2.製材接着の事例その2

  • 軽量かつ強靭なため、大きな空間を作り出すことが可能です

    軽量かつ強靭なため、大きな空間を作り出すことが可能です

  •                            

                               

  • スギ間伐材の有用な用途となります

    スギ間伐材の有用な用途となります

  •                         

                            

ページトップへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。