TOP > コンクリート耐磨耗工法
コンクリート耐磨耗工法

工法ポスターダウンロード

コンクリート耐摩耗工法は、耐摩耗性能に優れるアルファテック645(エポキシモルタル)を用いて、流水や土砂による摩耗からコンクリート構造物を保護する工法です。

用途

  • 堰提や取水のたき床版・土砂吐など保護補強に適します。
  • 導水路インバートや河川橋脚などの保護・補強に適します。

特徴

ページトップへ

高い耐磨耗性能・優れた接着性能・豊富なバリエーション

コンクリート耐磨耗工法に用いるアルファテック645(エポキシ樹脂モルタル)は、耐磨耗性能や耐衝撃性能に優れています。その接着性能は、乾燥面はもとより湿潤面においてもコンクリートの破壊強度以上であり、保護材として躯体と完全に一体化することができます。また、アルファテック645は、パテタイプ・高流動モルタルタイプ・モルタルタイプ・コンクリートタイプの4種類に製品をしており、豊富なバリエーションで現場の状況に対応できます。
AT645シリーズの施工基準
施工厚(目安) 2~3mm程度(※1) 20mm~ 50mm~
勾 配 無し 床・壁・天井へ
施工可
無し 5%以下 有り(※2) 無し
施工方法 吹付・塗布 塗布 流し込み打設 型枠併用 流し込み打設
製品名 645B 645P 645F 645NS 645F 645M 645C
※1.施工1回(吹付・塗布)での施工厚の目安で、硬化後に重ねての施工が可能です。
※2.勾配がある場合には、型枠併用で施工が可能です。
  • この商品についてお問い合わせする
  • 工法ポスターダウンロード

施工例

INDEX

1.平面の耐摩耗保護

流水の衝撃と土砂の流出により磨耗したコンクリートを保護するための水たたき床版の施工例です。

  • 可動堰水たたき床版

    可動堰水たたき床版

  • 可動堰水たたき床版

    可動堰水たたき床版

【施工の流れ】

2.斜面と平面の耐磨耗保護

土砂の流出により磨耗したコンクリートを保護するための取水堰の施工例です。

  • 取水堰堤

    取水堰堤

  • 型枠状況

    型枠状況

【施工の流れ】

  • 1

    サンドブラストによる下地処理

  • 2

    斜面部の型枠固定

  • 3

    型枠パテシール

  • 4

    加温養生

  • 5

    アルファテック645F流し込み充填

  • 6

    硬化養生0℃~10℃×5日間

  • 7

    脱型

  • 8

    平面部のアルファテック645モルタル打設、645パテ施工

  • 9

    同表面仕上げ

ページトップへ

コンクリート耐磨耗工法における材料の特徴と用途

製品名 特徴 用途
アルファテック645F
(フロータイプ)
耐磨耗・高流動型エポキシモルタル
(水中接着)
平面/斜面・鉛直面用(型枠)
アルファテック645M
(モルタルタイプ)
耐磨耗型エポキシモルタル
(湿潤接着)
平面用(50㎜以下打設)
アルファテック645C
(コンクリートタイプ)
耐磨耗型エポキシコンクリート
(湿潤接着)
平面用(50㎜以上打設)
アルファテック645NS
(モルタルタイプ)
耐磨耗型エポキシモルタル
(湿潤接着)
勾配10度以下でコテ仕上げ
アルファテック645B
(エポキシレンジ)
耐磨耗型エポキシレンジ
(湿潤接着)
勾配20度以下で吹付け仕上げ
アルファテック645P
(パテタイプ)
耐磨耗型エポキシパテ 欠損部の表面仕上げ用
アルファテック240 水中接着型エポキシパテ 欠損部の補修・型枠シール用
アルファテック340 水中接着型エポキシ接着剤 プライマー
アルファテック342 水中接着・速硬化エポキシ樹脂
ページトップへ

この工法(コンクリート耐磨耗工法)について問い合わせる

工法名
お名前必須
会社名必須
E-mail必須
E-mail(確認用)必須
電話番号
FAX番号
ご住所必須

郵便番号

都道府県

市町村以下

写真を添付

※写真を添付される場合はこちらをご利用ください。


お問い合わせ内容

※複数選択可

 工事見積もり依頼 材料見積もり依頼 使用実績について 施工方法について 技術データについて その他

備考

ご相談・お問い合わせはお電話またはメールにてご連絡ください

  • 045-500-0500
  • お問い合わせ
  • 特徴から探す
  • 目的から探す
  • 工法から探す
  • 動画で紹介します
製品一覧
アルファテック