沿革
TOP > 会社情報 > 沿革

沿革

1977年(昭和52年)9月 横浜市中区に設立(資本金500万円)。
米国よりエポキシ樹脂製品を輸入し、ディーゼルエンジン発電設備の基礎補修業務を開始。
1978年(昭和53年)2月 自社独自の重機械設備のグラウト改修と基礎注入補修の「アルファ工法」を開発。
1982年(昭和57年)3月 神戸市兵庫区に事業所を開設。
1983年(昭和58年)6月 米国ゼネラルシグナル社をパートナーに合弁会社シールコートジャパン(資本金2,000万円)を折半出資で設立。
1983年(昭和58年)7月 資本金を1,000万円に増資。
1984年(昭和59年)1月 重機械設備用の高強度エポキシグラウト「シールコート648CP」の製造・販売を開始。
1988年(昭和63年)1月 横浜市神奈川区に本社を移転。研究室、製造所を併設。
1988年(昭和63年)6月 ゼネラルシグナル社によるシールコートジャパン持株分のスイスサンド社への売却を契機にシールコートジャパンを解散。
1989年(平成元年)4月 資本金を2,480万円に増資。
1989年(平成元年)5月 自社で研究開発した高強度エポキシグラウト「アルファテック800」、注入用エポキシ接着剤「アルファテック300」の製造・販売を開始。
1990年(平成2年)12月 超速硬化エポキシグラウトの開発プロジェクトに
(財)研究開発型企業育成センター(現VEC)より債務保証の認定。
1991年(平成3年)8月 超速硬化エポキシグラウト「アルファテック110」、水中接着エポキシグラウト「アルファテック140」、濡れ面接着パッチング材「アルファテック741・743」の開発により土木分野への進出を開始。
1992年(平成4年)7月 水中接着エポキシ樹脂「アルファテック340シリーズ」を開発。
1993年(平成5年)4月 高強度エポキシセルフレベリング材「アルファテック150」、耐熱エポキシモルタル「アルファテック130」を開発。
1994年(平成6年)2月 油面接着エポキシ樹脂「アルファテック370」を開発。
1995年(平成7年)4月 炭素繊維シート用エポキシ含浸接着剤「アルファテック540」シリーズを開発。
1995年(平成7年)7月 高強度セルフレベリング材 アルファテック150を用いた“機械据付工法”の特許登録。(NO.1930362)
1996年(平成8年)10月 濡れ面接着エポキシパテ・ペースト「アルファテック200」シリーズを開発。
1997年(平成9年)4月 アラミド繊維シート用含浸接着剤「アルファテック510」を開発。
1998年(平成10年)1月 コンクリート構造物保護用の耐磨耗エポキシモルタル「アルファテック645」を開発。
1998年(平成10年)4月 繊維シート補強工法用含浸接着剤「アルファテック500」シリーズの開発により、あさひ中小企業振興財団並びに日刊工業新聞社より優良賞を受賞。
1999年(平成11年)11月 コンクリート構造物補修用の高流動エポキシモルタル「アルファテック840」の開発により、神奈川工業技術開発大賞並びに地球環境技術賞を受賞。
2000年(平成12年)6月 コンクリート剥落防止工の「アルファV工法」を開発。
2001年(平成13年)5月 高靭性高流動エポキシモルタル「アルファテック830」を開発。
2001年(平成13年)6月 中小企業経営革新支援法の認定。
2002年(平成14年)4月 横浜市が開発分譲した末広ファクトリーパーク(現本社所在地)に新社屋を建設。研究所、製造所を併設。
2002年(平成14年)8月 水中接着高流動エポキシモルタル「アルファテック841」を開発。
2002年(平成14年)11月 コンクリート構造物ひび割れ補修用の塗付型浸透エポキシ接着剤「アルファテック380」の開発により神奈川工業技術開発大賞奨励賞を受賞。
2003年(平成15年)4月 耐酸ポリエステルグラウト「アルファテック832」を開発。
2004年(平成16年)4月 濡れ面接着弾性エポキシ樹脂「アルファテック343」を開発。
2006年(平成18年)2月 炭素繊維シート用含浸接着剤「アルファテック540」の特許登録。(NO.3771974)
2006年(平成18年)6月 日本高速道路株式会社3社と共同出願したアルファテック380を用いた“コンクリートひび割れ浸透接着工法”の特許登録。(NO.3820469)
2006年(平成18年)10月 アルファテック 100シリーズ、300シリーズ、500シリーズ、800シリーズの国交省新技術登録。(NETIS NO.KK980020-A~KK980023-A)
2007年(平成19年)4月 東京メトロ株式会社と共同開発した繊維アンカーを用いた‘‘コンクリート剥落防止工法’’の特許登録。(NO.3939526)
2007年(平成19年)8月 横浜市より平成19年度横浜価値組企業の認定取得。平成20年・21年・22年と継続して取得。
2007年(平成19年)10月 資本金を3,000万円に増資。
2008年(平成20年)4月 アルファテック540Vを用いたコンクリート剥落防止工‘‘アルファV工法’’の国交省新技術登録更新。(NETIS NO.KT040020-VR)
2008年(平成20年)11月 ISO9001:2000の認証取得。
2010年(平成22年)4月 犠牲金属溶射用の導電性粗面形成エポキシ接着剤「アルファテック408」の特許登録。(NO.4493464)
2011年(平成23年)4月 「AKレジン550」を接着剤に用いた、木質複合軸材料スギBP材(重ね)が、建築基準法第37条に基づく国土交通省大臣認定を取得。(NO.MWCM‐0019)
2011年(平成23年)9月 横浜市より平成23年度横浜知財みらい企業の認定取得。平成24年・25年・26年・27年・28年と継続して取得。
2012年(平成24年)3月 アルファテック380を用いた‘‘塗布型ひび割れ補修材’’の東京都新技術登録。(No.1101016)
2013年(平成25年)7月 アルファテック388を用いた“ひび割れ補修浸透性エポキシ樹脂塗布工法”の国交省新技術登録(NETIS NO.CB-130007-A)
2013年(平成25年)12月 造影剤配合エポキシ接着剤 AKレジン500・550を用いた“接着剤充填確認方法”の特許登録。(NO.5438307)
2014年(平成26年)5月 高強度エポキシセルフレべリング゙材 アルファテック150を用いた“機械装置のアンカーボルトレス据付工法”の特許登録。(NO.5544188)
2014年(平成26年)8月 日本高速道路株式会社3社と共同出願した水中速硬化エポキシ接着剤アルファテック342を用いた“橋梁床版補修工法”の特許登録。(NO.5588241)
2014年(平成26年)8月 弾性ウレタン樹脂 エディロンを用いた“太陽光発電装置の接着据付工法”の特許登録。(NO.5597090)
2015年(平成27年)1月 東京都下水道サービス株式会社、株式会社メーシックと共同出願した下水道汚泥焼却灰を用いた下水道補修“下水道汚泥焼却灰の利用方法”の特許登録。(NO.5671723)
2015年(平成27年)2月 水中速硬化エポキシ接着剤アルファテック342を用いた“橋梁床版補修工法”の国交省新技術登録(NETIS NO.KT-140110-A)
2015年(平成27年)11月 日本弁理士会より第二回知的財産活用表彰にて特別賞を受賞。
2016年(平成28年)3月 横浜市より横浜型地域貢献企業の最上位認定を取得。
2016年(平成28年)5月 下水道汚泥焼却灰を用いた下水道補修用“断面修復材”の特許登録。(NO.5933377)
2017年(平成29年)4月 「コンクリートのひび割れ補修注入工法」の開発により、あさひ中小企業振興財団並びに日刊工業新聞社より優良賞を受賞。