アルファ工業とは
TOP > アルファ工業とは

ご挨拶

オンリーワンの技術と知財戦略で、エポキシ樹脂の無限の可能性に挑戦しています。 

私たちは創業以来、エポキシ樹脂接着剤の開発を行っています。

一般的なエポキシ樹脂接着剤なら比較的容易に造れますが、私たちが一貫して追い求めているのは、ユーザーのニーズにきめ細かく対応するオンリーワン製品です。

エポキシ樹脂は添加剤によって多様な特性を生み出せる無限の可能性を持つ素材です。添加物の数に限りは無く、それらの中から、必要と思われる材料を何種類か配合し、要求された性能を実現していくのです。

生み出された製品は主に高速道路や鉄道の橋梁、トンネル等、多くの社会インフラや大型産業機械基礎のコンクリート補修に使用されています。

現在、補修市場は1964年の東京オリンピックの頃に建設されたコンクリート建造物の老巧化が急速に進み拡大しています。私たちの製品は優れた補修力と扱いやすさでご支持をいただいております。私たちは長年築き上げたノウハウの基にオンリーワンの技術を開発し、多くの特許を取得しています。

そしてエポキシ樹脂の無限の可能性に挑戦しています。

 

事業案内

世界で唯一無二のエポキシ樹脂接着剤の開発、製造を行っています。

アルファ工業株式会社はエポキシ樹脂を主成分とする工業用接着剤と樹脂モルタル材(グラウト材)の開発、製造、販売、施工の専門会社です。
創業当初からエポキシ樹脂が製法により多様な特性が作り出せることに着目し、世界で唯一無二のエポキシ樹脂接着剤の開発、製造を行ってきました。私たちが開発する製品は大型生産用機器の据付や、高速道路の橋梁、トンネルなどの、老巧化した社会インフラのコンクリート補修などに使用されています。
機械据付においては、重量が大きくまた振動や高温、油濁など厳しい条件となる大型ディーゼルエンジンの為のグラウトの施工や、劣化したセメントグラウトの補修、さらに、精密機器など高精度なレベリングが必要とされる機械の設置など、高いノウハウが必要とされる分野を得意としています。
土木構造物のコンクリート補修工事では、ひび割れの進行を抑制し、構造物の耐用年数を延ばすための補修が多くを占めています。当社はこれまで補修困難であった微細なひび割れを、刷毛やローラーを用いて塗布するだけで補修を可能とする技術を開発しています。さらに、水中におけるコンクリート構造物のひび割れ補修や欠損部の断面修復など、水中での補修も可能としました。これらに使用される画期的な製品と工法は、ユーザーの詳細なニーズに基づいたオンリーワン技術です。
上記以外にも、国産杉を重ねて圧着し、建築用構造部材にするための接着剤を開発。また、下水道処理施設から排出される、汚泥焼却灰を下水道の補修材として再利用する製品を開発しました。
このように当社は、他には無い高いノウハウを活用し、常にオンリーワンのエポキシ樹脂接着剤の開発、製造を行っています。
ページトップへ

これまでの実績

エポキシ樹脂の多様な特性を生かし、世界初・日本初の製品を創りだしています。

当社が創業時より取り組んでいる大型回転機械据付の分野においては、強度と耐久性に優れるエポキシ樹脂モルタル「アルファテック800」を用いて、大型ディーゼルエンジン、コンプレッサ、ポンプ、鍛造プレスなどの据付や据付基盤の補修を数多く手がけています。日本国内はもとより世界各地で採用され、納入実績は10,000台を超える件数となりました。
また、高いレベル精度が求められる高精度床面の施工においては、0.05㎜/m以内の高い精度を確保できるセルフレべリング材「アルファテック150」を用いて、X線自由電子レーザー施設(SACLA)、大型放射光施設(SPring-8)および相互利用実験施設の精密機器設置床面。さらに電子・陽電子衝突型加速器(SuperKEKB)の衝突点移動架台レールの固定にも採用されています。
コンクリート構造物の補修の分野においては、補修が不可能とされていた0.2㎜以下のマイクロクラックも補修できる「アルファテック380」を開発しています。これは、刷毛やローラーを用いて塗布するだけで、毛細管現象によってひび割れに浸透する、自己浸透型の材料です。また、高速道路増厚床版の剥離箇所の補修では、従来は剥離箇所全体を撤去していたのに対し、剥離箇所内部不良部分を隙間洗浄し、速硬・水中硬化型の「アルファテック342」を注入することによって、床版の剛性を回復させる工法を開発導入しています。工期・工費を大幅に削減することができ、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています。
その他の分野においては、小径木の国産杉製材を「AKレジン550」を用いて圧着・積層することよって、大断面構造用建築部材として利用することができるようになりました。
これは、国内初の国土交通省大臣認定を取得しています。また、処分場が不足し、かつ活用が困難な下水道汚泥焼却灰をエポキシ樹脂と混合させることで、下水道内部を補修する材料として活用する技術を開発しており、既に東京都の下水道補修に採用されています。
これらの実績以外にも、多様な特徴を持つ、日本初・世界初の製品を数多く創り出しています。
ページトップへ

お取引実績

  • 株式会社IHIインフラシステム 
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • 株式会社荏原製作所
  • 株式会社大林組
  • 鹿島建設株式会社
  • 国立研究開発法人理化学研究所
  • ジェイアール東海商事株式会社
  • JFEエンジニアリング株式会社
  • 清水建設株式会社
  • 大鉄工業株式会社
  • 東京パワーテクノロジー株式会社 
  • 中日本高速技術マーケティング゙株式会社
  • 中日本ハイウエイメンテナンス中央株式会社
  • 日鉄住金テックスエンジ株式会社
  • 株式会社ネクスコ・メンテナンス東北
  • 株式会社日立製作所
  • 藤倉化成株式会社
  • 丸紅建材株式会社
  • 三菱重工業株式会社
  • 株式会社メーシック

特許 登録済

  • ①機械の据え付け工法
  • ②構造物の補強方法およびこれに用いる集束繊維シート接着用組成物
  • ③構造物の補強方法
  • ④プレキャストセグメントの端面接合用接着剤および接合工法
  • ⑤コンクリート構造物の補強・補修方法、およびそのための浸透型接着性組成物
  • ⑥集束繊維シート接着用組成物および補強方法
  • ⑦既存壁の静的破砕除去工法
  • ⑧コンクリート片の剥落防止構造およびその方法
  • ⑨強化繊維シート扇形アンカー
  • ⑩コンクリート片の剥落防止方法
  • ⑪導電性粗面の形成方法および導電性粗面形成材
  • ⑫充填材およびその充填確認方法
  • ⑬導電性金属塗料及び該導電性金属塗料による防食方法並びに防食補修方法
  • ⑭建築用木材の接合方法およびその解体方法
  • ⑮設置対象物の据付方法
  • ⑯増厚床版の剥離部補修並びに床版コンクリートのひび割れ補修工法
  • ⑰下水汚泥焼却灰の利用方法
  • ⑱太陽光発電装置の据付方法
  • ⑲太陽光発電装置の取付構造
  • ⑳断面修復材
ページトップへ

登録・認定・認証・受賞

登録

【NETIS登録】

1.アルファV工法(KT-040020-VR)
本技術は、コンクリート構造物からのコンクリート片のはく落を防止する工法に関する新技術(工法)です。 従来はガラス繊維のような変形追従性が低く、アルカリに弱い材料が使用されていました。本技術の活用により、変形追従性に富み耐久性の高い工法となります。

2.ひび割れ補修浸透性エポキシ樹脂塗布工法(CB-130007-A)
ひび割れの奥まで補修する際に低圧注入器具を用いて補修材を注入していたのに対し、塗布だけでひび割れに補修材が浸透する工法です。 浸透性エポキシ樹脂接着剤「アルファテック388」を繰り返し塗布することで毛細管現象によってひび割れ内部にまで浸透します。

3.上面増厚床版の剥離箇所への樹脂注入による補修工法(KT-140110-A)
本技術は、上面増厚床版の剥離箇所の隙間を洗浄し、水中硬化型エポキシ樹脂を注入・接着させる技術で、従来は剥離箇所全体を除去し、新たに超早強コンクリートを打設していた。本技術の活用により工費・工程を短縮でき、床版の耐荷性能が向上します。

【東京都新技術】

1.アルファテック380を用いた『塗布型ひび割れ補修材』(No.1101016)

認定

【債務保証の認定】

平成2年12月に財団法人研究開発型企業育成センター(現VEC)より債務保証認定を取得。

【国土交通省大臣認定】

杉を用いて重ねた「木質複合軸材料 スギBP材(重ね)」は、指定建築材料として日本で初めて  国土交通省大臣認定を取得。番号MWCM-0019

【横浜価値組企業の認定】

平成19年・20年・21年・22年と継続して取得。

【横浜知財みらい企業の認定】

平成23年・24年・25年・26年・27年・28年と継続して取得。

【横浜型地域貢献企業の認定】

平成28年3月に最上位認定を取得。

認証

【ISO9001:2000】

平成20年11月に認証を取得し以降継続。

受賞

【あさひ中小企業振興財団並びに日刊工業新聞社より優良賞を受賞】

平成10年4月に繊維シート補強工法用含浸接着剤「アルファテック500」シリーズの開発により受賞。

【神奈川工業技術開発大賞並びに地球環境技術賞を受賞】

平成11年11月にコンクリート構造物補修用の高流動エポキシモルタル「アルファテック840」の開発により受賞。

【神奈川工業技術開発大賞奨励賞を受賞】

平成14年11月にコンクリート構造物ひび割れ補修用の塗付型浸透エポキシ接着剤「アルファテック380」の開発により受賞。

【第二回知的財産活用表彰特別賞を受賞】

平成27年11月に日本弁理士会より受賞。

会社概要

商号 アルファ工業株式会社(ALPHA KOGYO K.K.)
所在地 【本社・研究所】
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-51
[TEL] 045-500-0500(代表) [FAX] 045-500-0550
【神戸事業所】
〒652-0882 兵庫県神戸市兵庫区芦原通6-3-3
[TEL] 078-681-7051 [FAX] 078-671-2282
資本金 3,000万円
設立 1977年9月10日
事業内容 エポキシ樹脂を主成分とする工業用の接着剤とグラウト材の製造・販売・設計・施工。
主商品には、産業プラントと土木・建築向けの接着剤とグラウト材がありますが、いずれも独自のノウハウをもって顧客のニーズに応じた商品を多種類開発し、国内はもとより海外にも販売しております。
常に新しい技術と確かな信頼を提案することを基本理念に、さらに高い性能、さらに広い役割を求めて日々、研究開発を続けています。
加入団体等一覧
  • 公益社団法人 日本材料学会
  • エポキシ樹脂技術協会
  • 一般社団法人 日本構造物診断技術協会
  • ポリマーズインコンクリート委員会
  • 一般社団法人 日本コンクリート診断士会
  • 一般社団法人 繊維補修補強協会
  • 一般社団法人 日本鉄道施設協会
  • 神奈川県産業技術交流協会
  • SR-CF工法研究会
  • エコロガード工法協会
  • 社団法人 神奈川県経営者協会
  • 横浜商工会議所
ページトップへ

沿革

1977年(昭和52年)9月 横浜市中区に設立(資本金500万円)。
米国よりエポキシ樹脂製品を輸入し、ディーゼルエンジン発電設備の基礎補修業務を開始。
1978年(昭和53年)2月 自社独自の重機械設備のグラウト改修と基礎注入補修の「アルファ工法」を開発。
1982年(昭和57年)3月 神戸市兵庫区に事業所を開設。
1983年(昭和58年)6月 米国ゼネラルシグナル社をパートナーに合弁会社シールコートジャパン(資本金2,000万円)を折半出資で設立。
1983年(昭和58年)7月 資本金を1,000万円に増資。
1984年(昭和59年)1月 重機械設備用の高強度エポキシグラウト「シールコート648CP」の製造・販売を開始。
1988年(昭和63年)1月 横浜市神奈川区に本社を移転。研究室、製造所を併設。
1988年(昭和63年)6月 ゼネラルシグナル社によるシールコートジャパン持株分のスイスサンド社への売却を契機にシールコートジャパンを解散。
1989年(平成元年)4月 資本金を2,480万円に増資。
1989年(平成元年)5月 自社で研究開発した高強度エポキシグラウト「アルファテック800」、注入用エポキシ接着剤「アルファテック300」の製造・販売を開始。
1990年(平成2年)12月 超速硬化エポキシグラウトの開発プロジェクトに
(財)研究開発型企業育成センター(現VEC)より債務保証の認定。
1991年(平成3年)8月 超速硬化エポキシグラウト「アルファテック110」、水中接着エポキシグラウト「アルファテック140」、濡れ面接着パッチング材「アルファテック741・743」の開発により土木分野への進出を開始。
1992年(平成4年)7月 水中接着エポキシ樹脂「アルファテック340シリーズ」を開発。
1993年(平成5年)4月 高強度エポキシセルフレベリング材「アルファテック150」、耐熱エポキシモルタル「アルファテック130」を開発。
1994年(平成6年)2月 油面接着エポキシ樹脂「アルファテック370」を開発。
1995年(平成7年)4月 炭素繊維シート用エポキシ含浸接着剤「アルファテック540」シリーズを開発。
1995年(平成7年)7月 高強度セルフレベリング材 アルファテック150を用いた“機械据付工法”の特許登録。(NO.1930362)
1996年(平成8年)10月 濡れ面接着エポキシパテ・ペースト「アルファテック200」シリーズを開発。
1997年(平成9年)4月 アラミド繊維シート用含浸接着剤「アルファテック510」を開発。
1998年(平成10年)1月 コンクリート構造物保護用の耐磨耗エポキシモルタル「アルファテック645」を開発。
1998年(平成10年)4月 繊維シート補強工法用含浸接着剤「アルファテック500」シリーズの開発により、あさひ中小企業振興財団並びに日刊工業新聞社より優良賞を受賞。
1999年(平成11年)11月 コンクリート構造物補修用の高流動エポキシモルタル「アルファテック840」の開発により、神奈川工業技術開発大賞並びに地球環境技術賞を受賞。
2000年(平成12年)6月 コンクリート剥落防止工の「アルファV工法」を開発。
2001年(平成13年)5月 高靭性高流動エポキシモルタル「アルファテック830」を開発。
2001年(平成13年)6月 中小企業経営革新支援法の認定。
2002年(平成14年)4月 横浜市が開発分譲した末広ファクトリーパーク(現本社所在地)に新社屋を建設。研究所、製造所を併設。
2002年(平成14年)8月 水中接着高流動エポキシモルタル「アルファテック841」を開発。
2002年(平成14年)11月 コンクリート構造物ひび割れ補修用の塗付型浸透エポキシ接着剤「アルファテック380」の開発により神奈川工業技術開発大賞奨励賞を受賞。
2003年(平成15年)4月 耐酸ポリエステルグラウト「アルファテック832」を開発。
2004年(平成16年)4月 濡れ面接着弾性エポキシ樹脂「アルファテック343」を開発。
2006年(平成18年)2月 炭素繊維シート用含浸接着剤「アルファテック540」の特許登録。(NO.3771974)
2006年(平成18年)6月 日本高速道路株式会社3社と共同出願したアルファテック380を用いた“コンクリートひび割れ浸透接着工法”の特許登録。(NO.3820469)
2006年(平成18年)10月 アルファテック 100シリーズ、300シリーズ、500シリーズ、800シリーズの国交省新技術登録。(NETIS NO.KK980020-A~KK980023-A)
2007年(平成19年)4月 東京メトロ株式会社と共同開発した繊維アンカーを用いた‘‘コンクリート剥落防止工法’’の特許登録。(NO.3939526)
2007年(平成19年)8月 横浜市より平成19年度横浜価値組企業の認定取得。平成20年・21年・22年と継続して取得。
2007年(平成19年)10月 資本金を3,000万円に増資。
2008年(平成20年)4月 アルファテック540Vを用いたコンクリート剥落防止工‘‘アルファV工法’’の国交省新技術登録更新。(NETIS NO.KT040020-VR)
2008年(平成20年)11月 ISO9001:2000の認証取得。
2010年(平成22年)4月 犠牲金属溶射用の導電性粗面形成エポキシ接着剤「アルファテック408」の特許登録。(NO.4493464)
2011年(平成23年)4月 「AKレジン550」を接着剤に用いた、木質複合軸材料スギBP材(重ね)が、建築基準法第37条に基づく国土交通省大臣認定を取得。(NO.MWCM‐0019)
2011年(平成23年)9月 横浜市より平成23年度横浜知財みらい企業の認定取得。平成24年・25年・26年・27年・28年と継続して取得。
2012年(平成24年)3月 アルファテック380を用いた‘‘塗布型ひび割れ補修材’’の東京都新技術登録。(No.1101016)
2013年(平成25年)7月 アルファテック388を用いた“ひび割れ補修浸透性エポキシ樹脂塗布工法”の国交省新技術登録(NETIS NO.CB-130007-A)
2013年(平成25年)12月 造影剤配合エポキシ接着剤 AKレジン500・550を用いた“接着剤充填確認方法”の特許登録。(NO.5438307)
2014年(平成26年)5月 高強度エポキシセルフレべリング゙材 アルファテック150を用いた“機械装置のアンカーボルトレス据付工法”の特許登録。(NO.5544188)
2014年(平成26年)8月 日本高速道路株式会社3社と共同出願した水中速硬化エポキシ接着剤アルファテック342を用いた“橋梁床版補修工法”の特許登録。(NO.5588241)
2014年(平成26年)8月 弾性ウレタン樹脂 エディロンを用いた“太陽光発電装置の接着据付工法”の特許登録。(NO.5597090)
2015年(平成27年)1月 東京都下水道サービス株式会社、株式会社メーシックと共同出願した下水道汚泥焼却灰を用いた下水道補修“下水道汚泥焼却灰の利用方法”の特許登録。(NO.5671723)
2015年(平成27年)2月 水中速硬化エポキシ接着剤アルファテック342を用いた“橋梁床版補修工法”の国交省新技術登録(NETIS NO.KT-140110-A)
2015年(平成27年)11月 日本弁理士会より第二回知的財産活用表彰にて特別賞を受賞。
2016年(平成28年)3月 横浜市より横浜型地域貢献企業の最上位認定を取得。
2016年(平成28年)5月 下水道汚泥焼却灰を用いた下水道補修用“断面修復材”の特許登録。(NO.5933377)
ページトップへ

特定商取引法に基づく表記

販売業者 アルファ工業株式会社
運営責任者 大井川 幸彦
所在地・連絡先 〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-51    [TEL]045-500-0500(代表) [FAX]045-500-0550
販売方法 ホームページに記載
お届け時期 ご注文から7日以内に納期のご連絡をさせて頂きます。
ご注文ロット数が多い場合、納期はご相談下さい。
返品と交換 ご使用前の商品に、欠損があった場合、同じ商品、あるいは代金の返金をいたします。
その場合、送料は弊社負担とさせていただきます。
商品ご使用後の交換・返品はお受けいたしかねますのでご了承ください。
送料・代金引換料金 ご購入頂く重量と金額によりますので、こちらをご参照ください(送料・代金引換料金について)
消費税の扱い 消費税込み

送料について

重量 北海道 北東北 南東北 関東 信越 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
~2kg 1000 700 600 600 600 600 600 700 800 900 1000 1100
~5kg 1200 900 800 800 800 800 800 900 1000 1100 1200 1600
~10kg 1400 1100 1000 1000 1000 1000 1000 1100 1200 1300 1400 2100
~15kg 1600 1300 1200 1200 1200 1200 1200 1300 1400 1500 1600 2600

配送地域区分

  • 北東北 ・・・  青森県 秋田県 岩手県
  • 南東北 ・・・  宮城県 山形県、福島県
  • 関東  ・・・ 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川、東京都、山梨県
  • 信越  ・・・ 長野県、新潟県
  • 中部  ・・・ 静岡県、愛知県、三重県、岐阜県
  • 北陸  ・・・ 富山県、石川県、福井県
  • 関西  ・・・ 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県
  • 中国  ・・・ 岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県
  • 四国  ・・・ 香川県、徳島県、愛媛県、高知県
  • 九州  ・・・ 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

代引き手数料について

代金引換額 サービス手数料

代金引換額に応じて1件あたり

右記手数料が必要です。

~9,999円 324円
~29,999円 432円

個人情報の取り扱いについて

アルファ工業株式会社は、お客様やお取引先をはじめとする当社に個人情報を提供される全て(以下「ご本人」という)の個人情報の適切な保護を重大な責務と認識し、この責務を果たすために次の方針のもとで個人情報を取り扱います。また適宜、取り扱いの改善に努めます。

1.個人情報に適用される個人情報の保護に関する法律やその他の関係法律を遵守するとともに、一般に公正妥当と認められる個人情報の取り扱いに関する慣行に準拠し、適切に取り扱います。

2.個人情報の取り扱いに関する規定を明確にし、従業者に周知徹底します。

3.個人情報の取り扱いに際しては、利用目的を特定して通知または好評し、その利用目的に従って個人情報を取り扱います。

4.個人情報の漏洩、紛失、改ざん等を防止するため、必要な対策を講じて適切な処理を行います。保有する個人情報について、ご本人からの開示、訂正、削除、利用停止の依頼を所定の窓口でお受けして、誠意を持って対応します。

ページトップへ

ご相談・お問い合わせはお電話またはメールにてご連絡ください

  • 045-500-0500
  • お問い合わせ
  • 特徴から探す
  • 目的から探す
  • 工法から探す
  • 動画で紹介します
製品一覧
アルファテック